Site Overlay

新しい喫煙スタイル?電子タバコの特徴や上手な使い方を学ぼう!


電子タバコの名称について

電子タバコという名前は紙巻きタバコに似せた形状から取られています。嗜好品の一種ですが、リキッドの風味をタバコの葉に似せている物もあるので紙巻きタバコの代用品として使うケースが少なくありません。タバコ代を節約したい人や禁煙を目的にした人が愛用する傾向があるのも電子タバコの名前が広く使われている理由のひとつです。

基本的な仕組みと注意点

電子タバコはリキッドを封入したカートリッジを専用の電熱器に装着し、加熱によって生じた蒸気を吸引する仕組みです。リキッドを電熱器に直接注入する物もありますが、多くの製品は使い捨てのカートリッジを使用します。使い捨てではありますが、数十回から数百回の使用が可能なので紙巻きタバコよりも経済的です。また、使いかけのまま保存することができるので無駄になりませんが、異なるメーカーのカートリッジと電熱器を組み合わせることはできません。電熱器の設定温度はメーカーごとに異なるので、他社のカートリッジを強引に装着すると過熱状態になって思わぬ事故に見舞われる可能性は否定できません。安全に使うには同じメーカーの製品を組み合わせることを厳守します。

複数のカートリッジを使い分けて異なる風味を楽しむ

使用中のカートリッジを交換できるのは電子タバコならではのメリットです。紙巻きタバコのように最後まで吸いきる必要が無く、カートリッジも中身のリキッドが空気に触れない仕組みになっているので風味が落ちません。この点を活かし、風味が異なる複数のカートリッジを使い分ける楽しみ方ができます。

まず、「リキッド」とは、電子タバコを吸うために必要な液体のことです。その液体にニコチンが添加されて、紙巻タバコを一服するような味を、水蒸気で楽しむものがニコチンリキッドです